<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
デトックスが必要なわけ
有害な物質や有害な金属(鉛や水銀、カドミウム、ヒ素などの重金属)が知らず知らずのうちに溜まってしまっていると言われる現代人。

最近になって、排出されずに体の中に溜まった有害物質や有害金属がさまざまな悪さをしていることがわかってきています。

頭痛やめまい、疲労感などの原因不明の不調の原因になったり、キレやすく感情のコントロールが苦手な子どもが増えていることなどとも関係しているなどとも言われる有害物質や重金属。
その侵入経路は、食べ物だけとは限らず、皮膚から、呼吸から、また、予防接種などからと、ありとあらゆる場所から侵入します。

どんなに気を付けて生活をしていても、今の世の中で、その影響を全く受けずに生活することはほぼ不可能と言えるでしょう。


そのようなことから注目されているのがデトックス。

さまざまな弊害をもたらしている有害物質を排出することで、身体が本来の機能をしっかりと果たせるように整えます。


そして、「メディック-シルクフィブロイン」は、デトックスを簡単に効率的に行えるようにサポートしてくれる健康食品でもあるんです。

シルクフィブロインは、ナノレベルの多孔性の基本構造を持っており、この隙間が糖や脂肪、有害重金属などの、人間に有害になる物質を吸着して体外に排出してくれます。


e0358598_09582308.jpg



さらにこのシルクフィブロインのすごいところは、腸から吸収されて血管の中まで入っていって、血液の中まできれいにしてくれること。

体の中の余分なものをまるごと大掃除することが可能なのです。

田中裕二 Hirotsugu Tanaka



テレビ出演
Facebook
メディックグループ
日本美容指導協会
[PR]
by medic_silk | 2017-03-20 11:00 | シルクフィブロイン紹介
探しぬいた原材料

まゆから抽出したシルクフィブロインたんぱくを原料とする「メディック-シルクフィブロイン」。


中国や韓国など、東洋の民間療法には、糖尿病による乾きの抑制に蚕のさなぎやまゆの煮汁を飲んだりすることがあるそうです。

そういえば、私の知り合いの中国人の方にも、子どものころに蚕のまゆを煮て食べていたという人もいましたよ。昔ながらの知恵なんですね。


しかし、世界各地での環境汚染が進む現代では、蚕のまゆをどこで入手するかも非常に重要な問題です。


たとえば、昔から蚕が食されている中国のまゆ。


残念ながら、これはPM2.5の影響が深刻で、今は使うことができませんでした。


日本の蚕のまゆは、高品質で安全性でも問題ないのですが、皆さまに手に取ってもらいやすい価格での提供が難しくなってしまうという別の問題がありました。



「安全性の高い商品を手に取りやすい価格で!!」

そんな難しい課題に挑戦し、世界中を探し回ったシルクフィブロインの開発者たち。



そして、とうとう見つけたのが「ブラジルの蚕のまゆ」です。



こちらのまゆはすごくクリーンで、一流ブランドのシルクの製品の原料としても使われているそうです。
もちろん、オーガニックで育てられていますよ。



皆様の健康を支えるものだから、安全性にもこだわりぬいた「メディック-シルクフィブロイン」。

安心してお召し上がりいただき、あなたの健康増進に役立ててください!

今なら、全額返金8ケ月モニター募集中!!詳しくはこちらをご覧くださいね。
http://www.jp-medic.com/medic-silkfibroin/monitor.html

田中裕二 Hirotsugu Tanaka



テレビ出演
Facebook
メディックグループ
日本美容指導協会
[PR]
by medic_silk | 2017-03-06 11:00 | シルクフィブロイン紹介