> ナトリウムで高血圧になるわけ

「高血圧の予防や改善には、塩分を控えめに」とよく聞きますが、
実は、これ、まだ確実な原因はつきとめられてはいません。

しかし、大まかには次のようなメカニズムが働いていると考えられています。


*************************************


塩分に含まれるのは、「ナトリウム」と呼ばれるミネラル。これは、体にとっては重要な栄養素の一つです。

ただし、塩分の取りすぎで、血液中の塩分ナトリウム濃度が高まると、
体は血液中のナトリウムの濃度を一定に保つために、血液中に水分を取り込むことで対処します。


つまり、血管の中は、増えすぎた血液でパンパンに。


それが血管を押し広げ、血管の壁にかかる圧力(血圧)も圧力をあげてしまうのです。


常に高い圧力が血管にかかることで、血管は傷み、心臓の負担も大きくなります。

放置すると、動脈硬化や脳卒中、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)を起こす命にもかかわる病気なのです。


**************************************


日本人の塩分摂取量は、他国と比べて多く、多くの人が高血圧に悩んでいるといわれています。


そのとき、多くの人が目が向きがちのは「減塩」をうたった商品。

ただし、ここで塩の代わりに含まれているのは添加物。
天然の塩の代わりに、防腐剤や化学調味料が使われていることが体にいいとは言えません。



そこで、高血圧が気になる方にお試しいただきたいのは、「メディック-シルクフィブロイン」。


e0358598_14403392.jpg

食事と一緒に摂取すれば、余分な血液中のナトリウムを吸着して排出する手助けをしてくれます。



つまり、高血圧が気になる方にも、とってもおすすめの商品なのです!


田中裕二 Hirotsugu Tanaka


テレビ出演
Facebook
臍帯血幹細胞療法
メディックグループ
日本美容指導協会

165.png4月1日より、オフィスが移転となりました→

東京都渋谷区恵比寿4-22-10 9F (ユニゾebisu422ビル)


[PR]
by medic_silk | 2017-04-03 11:00 | シルクフィブロイン紹介

美容業界にて、美と健康をテーマに活動するメディックグループ株式会社会長が、おすすめのダイエット術、最新の美容健康情報をお届けしています。
by medic_silk
> 検索
> ブログパーツ
> ファン
> ブログジャンル