> シルクフィブロインの臨床試験結果

皆さん、こんにちは。メディックグループ株式会社の田中裕二です。

糖尿病の患者さんに行ったシルクフィブロインの臨床試験で、血糖値の改善が確認されていると前回の記事で紹介したところ、もっと具体的に知りたいと多くの反響をいただきました。



そこで今回は、その臨床試験結果を詳しくご紹介していきたいと思います。



試験は、いろいろな形で行われていますが、今回ご紹介するのはその一つ。
2
型糖尿病の患者さん10名を対象に、あさひ医王クリニックで行われた試験の結果です。

2型糖尿病は最も一般的な糖尿病で、血液中のブドウ糖(血糖)が正常より多くなる病気です。


初期の頃は自覚症状がほとんどありませんが、血糖値を高いまま放置すると、徐々に全身の血管や神経が障害され、いろいろな合併症を引き起こすのが怖い病気です。


臨床試験では、
1
年以上の通院歴を持つ患者さん10名(平均年齢63.2歳)に、シルクフィブロインタンパク200㎎を1日3回、6ヶ月間の間飲んでもらいました。


そして、その結果がこちらです。




e0358598_12054852.png


(※HbA1c(糖化ヘモグロビン)とは、赤血球の中で体内に酸素を運ぶ役目のヘモグロビンと、血液中のブドウ糖が結合したもので、糖尿病の患者さんでは血液中に顕著な増加がみられます。)


それぞれの正常値が、血糖値が60~109mg/dlHbA1c4.3~5.8%、中性脂肪が30~150mg/dlであるので、10名の平均は、血糖値がわずかにたかいもののHbA1cと中性脂肪の値は、わずか6ヶ月で正常値に改善されています。




そして、さらにこの結果のすごいところは、被験者である患者さんに通常の食生活を行っていただいたのとともに、薬を一切やめていただいたこと。


正真正銘、シルクフィブロインだけで得ている結果なのです!



そんなシルクフィブロインを、いつでもどこでも手軽に摂取できるように商品化したのが、「メディック_シルクフィブロイン
」。

毎日の食生活に取り入れることで、糖尿病をはじめとする病気の予防に大きな効果をあげてくれますよ。


田中
裕二 Hirotsugu Tanaka

テレビ出演

Facebook

メディックグループ

日本美容指導協会


[PR]
by medic_silk | 2017-01-23 11:00 | シルクフィブロイン紹介